コラム  

二コラ・レオナール・サディ・カルノー 死後に高まった評価

二コラ・レオナール・サディ・カルノーは1796年にフランスのパリで生まれ。1832年に亡くなった科学者で工兵です。

彼は1823年に「火の動力」という本を出版し、熱を ...

コラム  , 数学者・科学者の伝記

浅島誠氏 細胞を組織に分化させる発生生物学の基礎を作った天才科学者

浅島誠氏は1944年に新潟新潟県佐渡市に生まれた生物学者で、卵細胞から角膜や心臓といった実際の組織に分化させる誘導物質アクチビンを世界で初めて同定しました。